敏感肌のVIO医療脱毛について

肌荒れした敏感肌

 

敏感肌の方は肌バリア機能が弱く肌トラブルを起こしがちです。
ですからムダ毛の自己処理は更に肌を傷めることとなり、危険を伴ったり、色素沈着やかぶれなどを引き起こす原因ともなります。

 

特にVIOは、皮膚が薄いので更に自己処理の向いていない部分です。
医療脱毛の最大の利点としては、肌に大きな負担となる自己処理がなくなるという点があるでしょう。

 

レーザーを当てる施術の際には、肌を輪ゴムではじかれたような痛みを感じると言われています。
これには個人差がありますが、敏感肌の人や、乾燥肌の人は痛みを感じやすいと言われています。
特にVIOゾーンの場合、他の部位よりも敏感なので、痛みは感じやすいです。

 

医療脱毛の良さは、常に医師がいることで万が一の際にも適切な対応ができることにあります。
肌の状態の判断を、医療の専門家である医師に行ってもらえることは心強いですね。

 

その専門家の判断の下、肌の状態を見ながら脱毛を進めていくことが可能です。

 

痛みが心配な方には、麻酔クリームなどでそれを緩和させるケアをすることができるのも、医療機関の魅力です。
麻酔等を使えば、より安心して施術を受けられます。

 

敏感肌は肌バリア機能が弱まっているので、脱毛を受ける前にはしっかりと保湿をして、お肌の調子を整えておくことがカギになります。
さらに施術後のお肌は日焼けのような状態になるので、しっかりとした保湿ケアを行いましょう。

 

敏感肌に合わせて、安全に様子を見ながらムダ毛処理を行い、何かあった時には適切な対処ができる。
医療脱毛であれば、敏感肌の方も安心して脱毛を受けることができるでしょう。

 

アトピーの方はこちらもお読みください。
アトピーの人へのアドバイス

 

肌が敏感な人は施術前に注意すべきことがあります。
施術前に気をつけたいこと