医療脱毛によるVIO脱毛の永久性について

永久の時を紡ぐ景色

 

脱毛はクリニックで受けられる脱毛とエステサロンなどで行われる脱毛の2種類があります。
クリニックでの脱毛は一般的に医療脱毛と呼ばれ、レーザーを用いた施術になります。
これに対してエステサロンで受けられる脱毛は光を用いた脱毛です。

 

この2つは基本的な原理は同じですが一番大きな違いは光とレーザーという言葉からもわかるように出力が異なるということです。

 

レーザーは光に比べて高い出力で施術を行うことが出来ます。
そのため、医療行為として定められており、誰もが施術を行うことが出来るというわけではありません。
医師のみが施術を許可されているためエステサロンなどで施術を受けることは出来ないのです。

 

当然、出力が高いためムダ毛に与えるダメージも大きく、1回の施術で得られる効果も異なってきます。
足や手などムダ毛が比較的少なく薄い部分の場合はその違いはあまり感じられないかもしれませんが、ムダ毛が濃く、太いVIOエリアなどを施術した際にはその違いがはっきりとわかります。

 

そのため一般的にVIO脱毛を行った場合は医療脱毛の場合はだいたい6回程度でムダ毛が気にならないレベルまで処理が完了するのに対して、エステサロンなどでの脱毛ではその倍である12回程度施術を受けなければいけないと言われています。

 

また、医療脱毛は永久性がある唯一の脱毛方法ということが出来ます。
よくテレビや広告などで永久脱毛という言葉を目にすることがあると思いますが、本来エステサロンなどでの脱毛はこの永久脱毛という言葉を使う事を許可されていません。

 

これは出力の強さと関係があり、そもそも毛は、一度抜けてしまっても毛根部分にある毛母細胞という細胞が細胞分裂することによって、再生し新しい毛として生まれ変わります。
この毛母細胞には毛乳頭と呼ばれるムダ毛の再生の核となる部分があります。

 

この毛乳頭部分にダメージを与え、破壊することで初めてムダ毛の再生をとめることが出来るのです。
ですが、現時点でこの毛乳頭を破壊出来るのは強いレーザー光を使用することが出来る医療脱毛だけです。

 

エステサロンの光脱毛は毛の幹細胞を破壊せず、皮膚に負担を与えない、除毛・減毛目的の脱毛という事ができ、本当の意味で永久性を持っているのは医療脱毛のみだという事が出来ます。
そのため、レーザーによる施術を受けた方の肌はうぶ毛すら生えていないつるつるの肌で、永久的にムダ毛が生えてくることはありません。