VIOの医療脱毛にはレーザーの種類がある

レーザー脱毛

 

脱毛サロンで行われている光脱毛では、店舗によって使用しているマシンの種類に違いがあり、使用している光にもインテンスパルスライトやキセノンランプなどの種類がありますが、医療脱毛で使用されているレーザーの光にも種類があります。

 

人によっても部位によっても効果が違うものであり、自分にベストな脱毛法を見つけるためにはレーザーの種類にも着目してみる必要があります。

 

医療脱毛で使用されている光は、大きく分けるとアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3つの種類があります。

 

アレキサンドライトレーザー

この中で、日本で最も多く利用されているものがアレキサンドライトレーザーです。

 

レーザーの光は、メラニン色素でもある黒い色をとらえて脱毛効果を発揮することになるので、肌の色にも大きく関係してきます。
肌の色が黒い人に向いているマシンであれば、色白肌の人には効果を発揮しないことになり、逆であれば光が強すぎて肌に大きなダメージを与えることになっています。

 

黄色人種でもある日本人の肌に合っていると言われているのが、アレキサンドライトレーザーです。
一般的な日本人の肌の色をしている人であれば、肌のメラニンの量との相性がいいので痛みや肌トラブルに関して安心して利用することができます。

 

また、ワンショットあたりの照射範囲が広いので、全身脱毛であっても短時間で次々と処理をすることができます。
肌にジェルを塗る必要もないマシンなので、塗るという時間の削減にも役立ち、ジェルを塗ることによって体が冷えてしまうというトラブルも回避することができます

 

さらに、照射ヘッドが直接肌に触れないというのも大きなメリットの一つです。
照射ヘッドは消耗品ではないので使いまわしということになりますが、一人一人に消毒がされて衛生的に管理されています。

 

しかし、VIOラインも行うとなれば、排泄物が付着する可能性もあるデリケートゾーンに照射ヘッドが触れることになり、本当にきれいに除菌されているのか不安に感じてしまう人もいるでしょう。
けれども、照射ヘッドが肌に触れなければ衛生面の心配はありません。

 

ダイオードレーザー

日本人であっても、もともと肌が黒いという人や日焼けをして小麦色の肌であるという人もいるものです。
日焼けをしたすぐ後であれば肌がデリケートな状態になっているので脱毛施術を受けることはできませんが、肌が落ち着いてしまえば施術を受けることができます。

 

しかし、肌の色が多少濃い目であるという場合にはダイオードレーザーが利用されています。

 

ヤグレーザー

3つのレーザー脱毛の中で、黄色人種の肌の色の人が多い日本ではあまり利用されていないものの、色黒肌であるという人に向いていることから利用者も絶えないのがヤグレーザーです。

 

最も波長が長いというのも特徴的なので、脇毛や髭を始めとした男性ならではの毛質の脱毛、VIOラインの中でも太くて根深い毛が生えているvラインなどの脱毛に活用されています。