医療脱毛でVIOラインを薄くすることは可能?

レーザーによる医療脱毛は、その人の好みの仕上がりに合わせてもらうこともできます(形やデザインについてはこちら)。

 

毛量が多いので、人並み程度に薄くするということも可能です。
この場合には、施術を受ける回数を制限することによって、ある程度コントロールが可能です。

 

医療脱毛では、メラニン色素でもある黒い色に反応してしまうため、光を照射する部分はすっきりと除毛処理をしておかなければなりません。
剃り残しの毛があっても火傷の危険性があるので、全体的に薄くしたいという場合でも全剃りをしておきます。

 

医療脱毛はレーザーを照射するという方法で進められていますが、成長期に入っている毛がレーザーの光を浴びることで永久脱毛をすることができます。
しかし、毛は全てが同じタイミングで生えそろってくるわけではないので、施術を受けた時に休止期や退行期に入っている毛には作用しません。

 

つまり、一回の施術を受けただけではそのエリアの全ての毛に作用させることができないので、しばらくたてば施術時に休止期や退行期に入っていた毛が普通に伸びてくることになります。
しかし、成長期だった毛だけは脱毛効果が出るので、その分だけ毛が薄くなるということになります。

 

一回で好みの薄さにならなければ、もう一度施術を受けて濃さを調整して行きます。
一度薄くした毛を、ふたたび濃くすることは難しいので、薄さの調節は慎重に行っていきましょう。

 

医療脱毛は、まとめてお得な回数制でも用意されているのですが、一回ごとの都度払いも用意されています。
実際に自分のアンダーヘアの状態を確認しながら受けて行けば、脱毛しすぎてしまったというトラブルを回避することにもつながります。