医療脱毛のレーザーやフラッシュでVIO脱毛をした場合の炎症性色素沈着リスク

シミのケアをする女性

 

医療脱毛のレーザーやフラッシュでVIO脱毛を行った場合、炎症性色素沈着を起こすことがあります。
これはそれほど頻繁に起こるものではありませんが、照射のパワーが強すぎて肌が負けてしまうと起こります
パワーを比較するとレーザーの方が強力ですので起こりやすくなりますが、フラッシュであっても皮膚が敏感な場所に行う時には注意が必要です。

 

この手の照射は個々の肌の状態や毛質に合わせて照射を行うことでリスクを回避できますので、施術を行う側の腕にかかっている部分もあります。
評判の良い施設を探し出すことができればトラブルのリスクを減らせますので、まずは口コミを調べて安全に受けられる所を探すべきです。

 

施設探しをする際には、症例数の多さや導入されている機器の種類も重要です。
多くの施術を手掛けている施設ならたくさんの経験を積んでいますので、様々なパターンに対応することができます。

 

また、新しい機器は性能がとても向上していてより安全になっていますので、敏感肌やトラブル肌の人も受けられるほどです。
そのような機器で照射を行えば、問題が起こるようなことも減るはずです。

 

事前の対応でトラブルを減らそう!

炎症性色素沈着になる前にできることがあります。
施術を受けた後に炎症がなかなか引かないと感じたら、日常生活で刺激を与えないように気をつけながら抗炎症作用を持つ薬を処方してもらって、しっかりとケアを行うことが大切です。

 

お風呂の時でも熱いお湯は避け、体を洗う時にはこすらないようにします。
きちんとケアを続けていけば炎症が次第に治まりますので、治まった後は多少の負担をかけてもメラニン色素が増えません。

 

炎症性色素沈着にまで発展してしまうのは、炎症時に大きな負担をかけてしまったからですので、炎症時に細心の注意を払いながらケアを行えば大丈夫です。

 

また、万が一炎症性色素沈着になってしまっても、メラニンを排出させるような成分を活用すれば、症状は改善できますのでそれほど心配はいりません。