VIOの医療脱毛で生理になったら

生理中の女性

 

医療脱毛でVIOの脱毛を行う時に気になるのが、生理中でも脱毛できるのか、ということです。
基本的に生理中はVIOの脱毛を行わない方がよいですがそれには理由があります。

 

まず、生理前から終わるまでにはホルモンのバランスが乱れがちです。
ホルモンのバランスが乱れることで、女性のからだは普段よりも眠気が増したり体調が悪くなったりと普段と違う部分が多いです。

 

また、お肌もホルモンバランスの乱れによってバリア機能が薄くなり刺激に対して敏感な状態です。
このような状態に脱毛を行うと、普段よりも強い痛みを感じたり肌荒れの原因となったりするので刺激のある脱毛は避けた方がよいと言えます。

 

また、ホルモンバランスの乱れと共にムダ毛が生えるサイクルも乱れている可能性があるので、脱毛を行っても十分な効果が得られない可能性があります。

 

脱毛はムダ毛が生えてくるサイクルに合わせて定期的に行っているため、サイクルが乱れていると効果があらわれにくくなります。
生理中は特にムダ毛が濃くなる方もいるので効果を実感しにくい、ということもあります。

 

生理中は、決して衛生状態がよいとは言えません。
そのため、ベッドや機械に血液が付着してしまうと、感染症のリスクや病気など不衛生な状態になります。

 

脱毛はたくさんの方が行う場所なので、衛生管理が厳しく不衛生な状態を避けなければいけません。
これらのことから、医療脱毛を効果的に行うには適切なタイミングと、お肌が健康的な状態の時に行うことが理想的です。

 

VIOはもともとデリケートな部分なので、肌トラブルや感染のないように気をつけなければいけません。
しかし、せっかく予約したのに生理になってキャンセルしなければいけないのは手間になります。

 

生理周期をできる限り把握して、次回の脱毛予約へ影響しないようにスケジュールをたてておく必要があります。

 

このように肌への負担、効果、衛生面から考慮して、基本的にVIOの医療脱毛は、生理中には行うことができません。