肌トラブルの危険性も理解して受けたいVIOの医療脱毛

看護師

 

医療脱毛は、医療レーザー脱毛とも呼ばれているようにレーザーを使用して施術が行われます。
まずは、デリケートゾーンに生えているアンダーヘアをカミソリでの除毛で処理をしておき、そこにレーザーを照射することになります。

 

レーザーは、毛が生える組織を壊すことができるので、伸ばしたくても生えてこないということになります。
多毛症など治療としても利用されていますが、美容目的の場合には保険適用とはなりません。

 

レーザーは非常に強い光でもあるので、高い脱毛効果とともに肌トラブルの危険性も兼ね備えています
とくに、アンダーヘアの生えている部位はデリケートな部位でもあるので、注意が必要な部位にもなります。

 

もしも肌トラブルが発生してしまえば、皮膚の治療に専念することになるので脱毛がストップしてしまうことにもなります。
また、便や尿、おりものなどの排泄物が付着しやすい部分でもあるので、さらなる症状の悪化も考えられます。

 

このようなトラブルが発生しないように、医療脱毛では安全を第一に考えて行われており、病院でのみ許可されている施術でもあるので医師の診察のもとに脱毛計画が立てられています。

 

その人の肌や毛に合わせたマシンの選択や出力の調整が行われ、もしも施術中に何か肌トラブルが発生した場合にはすぐに院内にいる医師によって対処してもらうことができます。

 

痛みが我慢できないという場合には麻酔を処置してもらうことができるのですが、あらかじめ痛くなりそうであれば施術前から処置してもらえれば全く痛みなく脱毛することができます。

 

また、施術後には炎症を抑えるための薬の処方せんを出してもらえるというのも医療脱毛ならではの万全の対策です。

 

合わせてこちらもどうぞ。